メニュー

更年期障害

正しい知識で向き合う「更年期障害」

 

更年期障害は主に40代以降の女性に多くみられる病気です。

個人差が非常に大きく、症状の幅も複雑多岐に渡ります。また、過度の身体的・精神的ストレスを受けたことにより、30代で発症する患者さんもいらっしゃいます。「やる気が出ない」「気持ちが滅入る」「体がだるい」といった症状が多くの患者さんに現れやすく、その症状の特性ゆえにご本人の性格や責任感など誤った考え方にとらわれやすいこともこの病気が持つ難しさです。まずはこの病気を正しく知り、適切な診察・治療を受けることが肝心です。早期治療で劇的な回復を見込める患者さんも実際の診療現場においては多くいらっしゃいます。決して一人で深く悩みを抱え込まれることなく、まずは一度お気軽にご相談ください。

どんな症状が出るの?

症状は大きく三つに分類できます。

●血管系の症状
  ・顔のほてり(ホットフラッシュ)
  ・のぼせ
  ・冷え性
  ・多汗
  ・めまい
  ・動悸 など

●精神神経症状
  ・不安感
  ・睡眠障害
  ・イライラ
  ・気持ちが落ち込む
  ・うつ症状
  ・情緒不安定
  ・頭重感 など

●その他
  ・免疫系異常(風邪をひきやすくなる など)
  ・アレルギー症状(皮膚の強いかゆみ・外陰部などの粘膜萎縮 )
  ・消化器症状(下痢や便秘)
  ・乾燥肌 など

どうして起きるの?

さまざまな要素が考えられますが、主な原因としては女性ホルモンのエストロゲンが減少することで起きます。主に40代以降、女性の卵巣機能が低下することで卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンが減少し始めます。それにより間脳・下垂体が刺激され、自律神経系が不安定になり、一般的に「不定愁訴」と呼ばれる症状が出やすくなります。 患者さんを取り巻く環境による原因も大きく、個人的な背景が影響を与える場合もあります。

どうやって診断するの?

まず更年期障害と似たような症状を持つ他の病気を否定した上で、患者さんの各症状を総合的に判断し診断いたします。

※更年期障害と似たような症状を持つ病気
  ・甲状腺機能低下症
  ・うつ病  など

どういう治療をするの?

当院では日本産婦人科学会の「産婦人科診療ガイドライン」(2014年)に則り、推奨されている3つの治療法を基本にした診療のうち、漢方療法を行っています。 2~3か月程度で何らかの症状改善を期待できる治療ですので、比較的早くご自身の体調の変化を感じられる患者さんが多いです。

ホルモン補充療法(HRT)

ホットフラッシュなど血管系症状が強い方の治療に向いています。 ただし、一部の患者さんにとっては副作用が強いケースがありますので治療には細心の注意が必要です。

◆ 使用不可の例
  ・現在乳がんを患っている方
  ・子宮内膜がんの方
  ・過去に心筋梗塞の経歴がある方
  ・過去に脳卒中の経歴がある方 など
はHRT療法を用いることにより、血栓症が起きやすいという副作用があります。
また、乳がん等の女性特有のホルモンが悪影響を及ぼすがんを誘発する場合があるので慎重に使用を検討しなければなりません。

特に他院でHRT療法を受けられている方で以下の症状がみられる方は血栓症の疑いがあります。
  ・足の痛み
  ・浮腫
  ・突然の呼吸困難
  ・息切れ
  ・胸痛

カウンセリング向精神薬

うつ症状やイライラ感など精神症状が強い場合は、西洋薬のSSRIやSNRIといった薬を用いる場合があります。

漢方療法

日本産科婦人科学会のガイドラインでは漢方薬も推奨されています。
  ・なかなか症状が定まらない方
  ・症状の数が多くてお悩みの方
  ・さまざまな不定愁訴にお苦しみの方 など
の患者さんの症状改善には特に漢方薬が大きな強みを発揮します。

日々の診療現場から見る「更年期障害」の現実

実際の診療現場では、 複数の症状にまたがってお苦しみの患者さんは非常に多いです。

2年程度で収まる患者さんもいれば、約10年お苦しみの方もいらっしゃるほど個人差が大変大きく、その長きにわたる不調に耐え切れず、患者さん自ら薬を希望される方が多いこともこの病の特徴的な側面です。身体に優しい漢方薬を併用することは患者さん自身にとっても大変意味があることです。

症状が重ければ西洋薬や針治療なども用いる必要があります。 また、“自分が悪いのかな” “気のせいかな”と懸命に思い込まれて、病院に行くまでもないことだと診察をためらう方も実際には多くいらっしゃることだと推測します。さまざまな責任を負う年代の病だけに、必要以上にご自身を責める患者さんも診療の現場では大変多いです。症状の特性上、どこまでが病気でどこまでがご自身の性格によるものなのかといったはっきりとした線引きが難しいこともこの病気を複雑にしている大きな理由です。ご自身でコントロールできない不調を感じられた場合には、ぜひ一度診察を受けられることを強くおすすめします。

当院の治療方針

当院ではホルモン療法(HRT)は行っておりません。

HRT治療が必要な血管系トラブルが強い方や、産婦人科系の病気が疑わしい場合は、当院より専門機関をご紹介いたします。 HRTを必要としない諸々の症状に関しては、西洋医学・東洋医学を用いた適切な治療を行っています。 当院では漢方薬・鍼灸に長けたスタッフが治療にあたっています。 漢方薬も使用できるものが他院に比べて多岐に渡ります。 日本産科婦人科学会のガイドラインによると
  ・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
  ・桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
  ・加味逍遥散(カミショウヨウサン)
の三種が有効とされています。

また、ガイドラインでは
  ・浮腫があるか
  ・冷えやのぼせの症状があるか
  ・不眠症状があるか
といった自覚症状の違いもそれぞれ触れられていますが、それだけではこの複雑極まりない病を明白に分類することが難しく、ある程度経験を積み、漢方薬に対する専門性高い知識のある医師でなければ最初から良い薬を選択することはできません。

当院では日本東洋医学会の専門医が診療を行っています。
通常の西洋医が診察で行わない
  ・舌の色の診察
  ・舌の苔の色や厚さの診察
  ・顔色や東洋医学的なお腹の診察 など
もあわせて総合的に判断し、薬を選定しています。

他にも
  ・八味地黄丸(ハチミジオウガン)
  ・女神散(ニョシンサン)
  ・柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
  ・柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)
といった漢方の知識が乏しければ出しにくい処方もご用意しています。

保険の効く漢方薬(エキス剤)も多数ご用意があります。 エキス剤で十分な効能を感じられない方には、漢方(煎じ)薬(自由診療)や鍼灸(自由診療)をおすすめする場合もあります。 今までの治療効果に満足できない患者さんはかなり多く存在することと思います。 そのような方はぜひお気軽に当院にお尋ねいただければと思います。

西洋医学からも一目置かれる、更年期障害における漢方薬の圧倒的なカバー力

更年期障害における漢方の位置づけは、その対応力の幅が他の病気に比べ圧倒的に広いことが特徴です。学会で推奨されている治療法に漢方薬名が列挙されるように近年変化しているのは、漢方薬に対する認識と効果への期待がますます高まってきている証拠です。

その一方で、わずかな漢方薬名しかご存じない先生も実際の治療現場には多いのが実状です。他院からお越しの更年期障害で長くお悩みの患者さんに一歩深く踏み込んだ漢方薬を処方すると、劇的に回復されるケースも当院では日常です。長期に渡る更年期障害の不調でお悩みの方は、ぜひ一度当院をご受診いただきご相談いただければと切に思います。

その他

更年期障害の「うつ」にフォーカスしてみても、その症状でお悩みの方は、報告によって数値のばらつきはあるものの、8%~40%とかなりの高率に認められます。それはホルモンの影響のみならず、神経・免疫にまたがって複雑化した症状があるからです。原因がひとつではない病態に効果的なアプローチをすることを得意とするのは漢方薬や鍼灸です。漢方薬でコントロールできない場合は心療内科・精神科をご紹介することも可能です。いずれにしても患者さんに最善の治療を提供することを信条に日々診察を行っています。

男性の更年期障害について

「更年期障害」というと、圧倒的に女性の患者さんが多いものですが、男性も発症するケースがあります。 テストステロンという男性特有のホルモンが減少することで更年期障害の症状が出やすくなります。 男性の場合は疲労感・うつ症状・性機能不全といった症状が主な傾向です。 男性の患者さんもこちらのような症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME