メニュー

腸内細菌叢検査について

「腸活」など腸内細菌が注目されるようになって久しいですが、実際の腸内の状態を確認することはなかなか難しいものです。当院では最新の腸内細菌叢検査「Mykinso Pro」を導入しております。少量の採便をして頂くだけの簡単な検査方法で大腸内に住んでいる細菌について調べることができます。

MykinsoProキット画像

【検査を行うことのメリット】
最近の研究では腸内細菌叢は、腸に関わる疾患(大腸がん、潰瘍性大腸炎など)の他に肥満、肝臓がん、糖尿病、アレルギー、鬱、リウマチ、認知症などの様々な疾患との関連も示唆されております。また、 腸内細菌叢の理想バランスは人により異なります。自分の体調と検査結果を照らし合わせ、自分自身のデータとの比較を繰り返すことで、自分に合った腸内細菌叢のバランスの把握ができるようになります。
 
【当院の腸内細菌叢検査でわかること】
〔太りやすさ〕〔菌の多様性(細菌の種類の多さ)〕
〔主要な細菌の割合(乳酸菌、ビフィズス菌、酪酸産生菌、エクオール産生菌)〕
〔腸のタイプ〕〔腸内の菌構成〕〔腸内環境の推移〕〔便秘・下痢のタイプ判定〕
 
検査手法
 
 
なかでも私たちの健康に大きく関わっていることが分かってきた短鎖脂肪酸を産生する「酪酸産生菌」や、高い程ストレスや環境変化に適応しやすくなるといわれている「多様性」は非常に重要と言われています。
 
【良い腸内細菌叢を育てる為には】
腸内細菌叢は食事によって大きな影響を受ける事がわかってきております。また、生薬(漢方)が腸内細菌叢を改善することも論文化されるようになっております。漢方やサプリメントなどは、検査結果を参考に医師が処方、アドバイスいたします。腸内環境改善の治療をご希望の場合はご相談ください。
 
【検査費用】
本検査は保険外診療[自費]となります。詳しくは当院スタッフまでお尋ねください。
 
対象年齢:16歳以上
相談料 1,000円(税別)
腸内細菌叢検査 22,000円(税別)
 
※抗生剤服用中の腸内細菌叢は、通常の状態を反映しにくいと言われています。服用中または1か月以内に服用のある場合は、服用中止から1か月経過後の検査をお勧めしております。
※採便前に抗生剤の服用が必要になった場合は、クリニックまでご連絡ください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME