メニュー

冷え性

「冷え性」と「冷え症」の違い―  

手・足・腰などの部位を慢性的に冷たく感じ、痛みやしびれなどを伴うような症状を一般に「冷え」と呼びます。西洋医学では「冷え性」、東洋医学では「冷え症」と表記しますが、それぞれの視点で捉える「冷え」は大きな違いがあります。

西洋医学では「冷え」というものを低体温という現象や所見として捉えるものの、冷えそのものをケアする対象とは捉えない傾向があります。身体の冷えに加え、例えば便秘や脈拍数が少ないという症状をさらに合わせ持つと「甲状腺機能低下症の冷え」の可能性があるとは捉えるものの、冷えそのものに対してはあまり根本的な治療手段を持たない特徴があります。

一方で東洋医学は歴史をさかのぼれば、紀元前の中国の医学書『黄帝内経』の中ですでに「寒熱」という言葉が残されています。寒熱とは「冷え性」と「暑がり」を表す言葉ですが、つまり紀元前から2000年以上に渡って冷えは病気のカテゴリーとして存在していることがわかります。『冷えは万病のもと』と東洋医学の中ではよく言われているとおり、冷えを改善すると他の愁訴が同時に緩和することがあります。

どうして起きるの?

冷えを感じる部分が体全体に渡っても、手足の先だけに認める場合でも、総論としては全て「冷え症」と捉えます。

冷え症で困っている患者さんは女性が圧倒的に多いです。不妊症や更年期障害など、女性ならではの病に冷えは顕著に出るパターンが多いですが、そもそも女性は男性に比べて筋肉量が圧倒的に少ないことがまず大きな原因として挙げられます。筋肉はその量が多ければ多いほど熱を産生します。

それを実感する例として、例えば皆さんも風邪を引いて高熱が出る際にブルブルと身震いをするような強い悪寒を感じた経験はありませんか?あれは筋肉を震わせることで身体が熱を産生しているのです。なぜ自ら熱を生み出す必要があるかと言うと、ウイルスを体内でこれ以上増殖させないためです。ウイルスにとっては体温が下がっている状態は増殖に好都合の環境。これ以上の重症化を防ぐためにも、筋肉を震わせて熱を産出しようと身体が試みているわけなのです。と言うことは、冷え症であるということはそもそも風邪を引きやすい土壌を作っているということでもあります。

また、冷えは腰痛や関節痛にも悪影響を与え、痛みやしびれを伴う患者さんも多いです。さらに自律神経系障害からくる問題など、冷えの背景には多岐に渡る個人の抱える問題が大いに関与しているものです。

冷えを感じるとき、体温は本当に下がっているの?

冷えは痛みと同じく、主観的な症状ですので、患者さんが「冷える」と訴えれば実際の体温がそれほど低くなくても東洋医学的には「冷え」と捉えます。それが持続的で日常生活に支障が出ているようなレベルにまで達していると「冷え症」と捉えることになります。必ずしも「冷え症=体温が低い」というわけではありません。

どんな問題が起きるの?

「冷え」の改善がなかなか難しい理由としては、冷えの全ての症状に関わりうるもの全てに原因があるかと言うとそうでもない点です。冷えが起きている原因の個人差が大きく、また、原因がひとつに限らないことも実際多くあります。冷えがなかなか根治を図ることが難しい理由はここにあります。

一方、冷え症が深刻化するとどうなのでしょうか。体温が0.5度~1度下がるごとにガンの発症率が上がるという研究データがあります。脳腫瘍や肝臓腫瘍などの治療に温熱療法という熱を加える治療法があるように、冷えそのものが癌の発症や転移にも深く関与している可能性が考えられています。

また出血を伴う外傷を負った際には、身体は傷の修復のため血管を閉める物質を放出します。血管を閉めると冷えが伴います。冷えが起きることでその部分の循環が悪くなり凝り固まった状態になります。固くなることで血流もさらに滞るというこの悪循環を繰り返すことにより、慢性的な痛みやしびれが発生する構図に繋がっていきます。

どんな種類があるの?

北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛先生が分類したものを参考にご紹介すると、冷え症には5つのタイプがあると考えられています。

●四肢末端型冷え症:手足の先が冷える。
●下半身型冷え症:下半身だけが冷える。上半身ののぼせを伴うこともある。
●内臓型冷え症:体表面は冷えがないが、腹部が冷えている。
●全身型冷え症:全身に冷えを感じる。
●心の冷え症:精神的なトラブルを含む冷え症。

どんな治療法があるの?

あくまで患者さんご本人の「冷える」という主観的な訴えをそのまま受け止め対応する東洋医学と、客観的ではない訴えは相手にしにくい西洋医学の違いがあります。

「冷えている人は温めれば良い」という発想でできた温熱療法(温泉やスパ含む)は、日本のみならず海外の国々にもありますが、2000年以上に渡って培われてきた東洋医学には多くの処方、灸などの対応法があります。

また、上半身はのぼせて下半身は冷えている「冷えのぼせ」という症状には桂皮(シナモン)を用い、手足の末端が冷えるという症状には呉茱萸(ゴシュユ)という生薬を用いるなど、東洋医学においては長い歴史の中で培われた対処法が形成されています。

一方、西洋医学では、冷えそのものではなく、あくまで診断に基づくことが多く、治療の範囲が限られます。甲状腺機能低下症など一部の疾患では西洋薬でも治療可能な冷えがあります。

「気」「血」「水」の観点からみる治療の分類

東洋医学においては「気」「血」「水」という観点から治療法を分類することもできます。冷えのパターンにより、用いる生薬の種類は変わってきます。

「気」

シソの葉や蜜柑の皮など、アロマの考え方に近い香りの高い生薬を用いるとすーっと気が楽になって冷えが治ることもあります。それは冷えがリラクゼーションとも密接な関係を持っているからにほかなりません。緊張した状態に置かれている人は冷えの状態に陥り、顔色の悪さは末梢血管が閉まっている状態でもあり、その原因のひとつに気滞(見えないエネルギーの気が全身くまなく巡らない状態)があります。例えばお風呂にゆっくり浸かってリラックスすると顔が赤らんで、身体の冷えが改善されることがあります。リラクゼーション・マインドフルネス・瞑想・温泉・アロマといった対処法は世界の東西問わず冷えに用いられてきました。冷えと自律神経とは深い関わりがあります。

「血」

「血」は新陳代謝に関わります。いわゆる爪や髪の毛の伸び方・皮膚・腸の粘膜といった新陳代謝が盛んな組織に必要なものが「血」ですが、それが滞ると「瘀血(オケツ)」と呼ばれます。それが原因で冷えを生じることがあります。その際は当帰(トウキ)などの生薬を用いることで血の巡りを良くし冷えを改善したり、末梢血管拡張作用をもつ生薬、桂皮(シナモン)が効果を発揮します。

「水」

身体の中に余分な水分が溜まってむくむことで身体が冷えることがあります。東洋医学では水毒といいます。余分な水分を尿や汗として排出する茯苓(ブクリョウ)などの生薬を用います。

西洋医学として冷えの原因が明確に追究しにくいこともあり、実際の診療現場では「古典に則った経験の医学」東洋医学を用いた治療を行うケースは多いです。アプローチとしては、漢方と針灸の二種があります。

ただし、全てにおいて「冷えている=東洋医学」という短絡的な見方は当院ではしません。西洋医学的に冷えの原因として明確に判明している甲状腺機能低下症に対しては漢方ではなく、西洋薬のホルモン剤を用いることが効果的です。そういった意味で医師の視点が非常に重要ですから、勝手な判断で薬を用いることなく、正しい処方を受けることを強くおすすめします。

当院の治療方針

●問診
●血液検査

必要に応じて各種検査を組み合わせて診断します。

浮腫、便秘、脈拍の減少、活動性の低下、コレステロールの急な上昇などが身体の冷え以外に認められる場合には、甲状腺の検査を加える必要があります。西洋医学と東洋医学の定規を適宜組み合わせて診断を行うように心がけています。

また、本人の経過や冷えが出る際の引き金が何かといった観点も治療においては重要なポイントです。例えば低気圧などの天候悪化で生じる冷えや、生理周期の乱れなどホルモン系の問題に起因する冷えなども少なくありません。そういう場合には東洋医学のパターン認識法を用いることで解決できることも多いです。

即効性を求めるのであれば針灸は効果大!

針を刺すことで自律神経系に作用し「気」の巡りをスピーディーに改善するという点では、針灸は大きな効果が期待でき、おすすめできます。熱を加えるというアプローチにおいても、お灸は身体を温めることに適しています。慢性的な冷えがある方は2~3か月といったある程度腰を据えた施術の方が最終的に持続的な改善を見込めることにもなるでしょう。また、漢方薬との併用でより効果を実感される方も多くいらっしゃいます。半年くらい併用を継続し、その後も良い状態を維持できる患者さんは実際多いです。当院で併用を希望される場合は自由診療となります。

その他

夏場のクーラーだけ苦手という人は俗に言う「かくれ冷え症」の可能性があります。女性特有の筋肉の少なさだけに起因するものではなく、運動不足や睡眠不足、自律神経系の乱れによる末梢血管の閉塞など、冷えを招く要因が複雑に絡み合っている状態です。冷え症はOLさんに特に多いイメージがありますが、最近は男性にも多く認められるようになってきました。運動不足、緊張を強いられる仕事、動脈硬化などが関与しているのでしょう。つまり手先、足先の血管を閉めるべきときに脳からの指令が十分に行われなかったり、そもそも末梢血管の柔軟性が損なわれていたり、熱を産み出す筋肉量が減っていると手足の先からの放熱が持続して強い冷えを感じることになります。クーラーの問題以前のこととして、自分の生活を振り返ってみることもまた、根本的な改善を目指すためにとても重要なことです。

「万病のもと」と古来より言われてきた冷え。その程度によりますが、当院では煎じ薬を含めた本格的な生薬治療(自由診療)、針灸施術(自由診療)も可能です。お気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME