メニュー

漢方薬のいろは

初めての「漢方薬のいろは」

漢方薬に馴染みをのない患者さんはまだまだ多いのではないでしょうか?
日々の診療においても、漢方と聞くと「古めかしい」「効果がよくわからない」といったイメージをお持ちになられる患者さんは決して少なくないものです。
漢方薬は古来よりその確かな効果が脈々と受け継がれ、日本人の体に合わせて独自の進化を遂げた薬です。
今回は、そんな漢方に初めて出会われる方々へ「漢方薬いろは」と題して率直な疑問やご質問にお答えいたします。

「漢方薬」ってそもそも何?

あくまで医学的な視点で処方される薬です。草や木をはじめ、鉱物など全て天然のものを原料とする生薬の組み合わせでできています。それぞれが持つ特異な力を複数組み合わせることで、総合的な力を発揮する薬です。

東洋医学の基本的な考え方は「補う」「温める」もしくは「多すぎる力は取り除く」「冷ます」といったものが大きな柱です。患者さんの身体全体を総合的に診て、必要な生薬の組み合わせを考えていきます。さながらオーダーメイドのように、一人ひとりの体質や生活背景などを照らし合わせながら治療を行うスタイルを持つのが漢方です。

もともと漢方薬は中国などの王宮で料理として飲まれていたスープが起源と言われます。「湯」という漢字が漢方薬の名称でよくみられるのはそのためです。薬膳のような考え方が漢方薬には色濃く残ります。食事と同様に、漢方薬とは実は非常に身近なものなのです。

漢方薬が効く病気ってどんなもの?

漢方薬は身体に対して能動的に選べる薬です。一方、西洋薬は公約数的な考え方の上に成り立ち、症状をピンポイントで狙います。そのため西洋薬ではしばしばカバーしきれない症状が生じます。痛み止め等にありがちなことですが、「効くときは効くが効かないときは全く効かない」という事態が起きるのはそのためです。西洋薬は静的・平均的な症状に対しては得意としますが、ダイナミックに能動的に捉えるべき症状に関しては漢方薬が得意とするものです。

慢性的な症状にお悩みの方にこそ知っていただきたい“漢方の実力”

当院では西洋医学の知識に加え、長い歴史に培われた東洋医学ならではの観点で診察を行います。例えばいくつかの臓器や症状が複雑に絡み合うような病でお困りの方には、東洋医学のアプローチは高い効果が期待できると考えます。ホルモン系や自律神経系、免疫系のトラブルやアレルギー、虚弱体質・痛み・冷え・不眠などの治療は漢方薬や鍼灸が最も得意とする分野です。そういった症状に長年お苦しみの患者さんにこそ、東洋医学が本領を発揮し、改善に向けて手を差し伸べることができると考えます。

漢方薬にはどんな種類があるの?

当院で主に処方する漢方薬は大きく分けて以下の4種類です。

●粉薬(エキス剤)

一度煎じた薬をインスタントコーヒーのように粉状に加工した薬です。手軽な飲みやすさで保険内診療では最もよく処方されている薬です。昔ながらのグツグツと煮出すような煎じ薬(自由診療で行う本格的な漢方)と比べると効果は3割減程度の効果と考えられます。

●煎じ薬

煎じて煮出して飲む、昔ながらの本格的な薬です。煎じ薬は粉薬に比べると圧倒的な違いを実感できます。ご自宅でも比較的簡単に取り扱うことができます。より高い確実性を求めたい場合に適しています。煎じる手間を省く「煎じ代行」というサービスを行える薬局もあります。

●丸剤

携帯の便利さのため、また胃もたれが起きにくいように薬を練り丸めたものです。

●散剤

生薬をそのまま挽いて粉末にしたものです。

 一般的な保険内診療で処方される粉薬(エキス剤)は効果が少し弱められています。理由としては、あまり漢方薬に詳しくない医師が処方しても副作用が出にくいように設計されており、また患者さん側でもやみくもに多用した際にも同様の理由で、あえて加工の際に薬の効力を弱めて製造しているという背景を持ちます。

例えば甘草(カンゾウ)という薬は血圧を上げる作用があり、身体の中のカリウムなどの電解質のバランスを崩すような副作用が起こりえます。しかし粉薬としての漢方薬はユニットとして決められた比率でパッケージ化されているものですから、甘草だけを減らして適切に調整するといったような患者さんへの細かな匙加減はできません。煎じ漢方薬(自由診療)では自在にできることですが、既成の粉薬では対応が難しい現実があります。

また「血圧が高いからこの薬を出しましょう。さらにかゆみが強いならかゆみを抑える薬を出しましょう。」といったように粉薬を3つも4つも合わせて処方するような方法は、本来の薬の効き方をしなくなる可能性があり、東洋医学の常識としては論外な処方です。しかし実際の医療現場ではそのような処方をされる先生方も多く見受けられます。それは上記で述べたようにそもそも粉薬が足し算のしづらい作りであるからであり、また漢方そのものが複雑な知識を要するものだからという理由に他なりません。

漢方薬を処方する医師、しない医師がいるのはなぜ?

そもそもの原因というならば1600年代にまで話はさかのぼります。西洋医学は哲学的にデカルトを中心とした科学の歴史に起源を発します。西洋医学の科学万能主義は全世界的に重宝され、その延長線上に今の現代社会があります。科学の延長上に第一次産業・第二次産業の革命があり、現代では新たなる通信の世界が広がっています。世界は縮まり、効率的な医学もそれに伴い劇的な進化を遂げてきました。その最たるものは遺伝子診断・治療であり、iPS細胞を利用した再生医療なども将来的には当たり前となる時代が目前に迫っていることでしょう。しかし抗がん剤治療などの西洋医学の一部は、ますます高額化するように様変わりしていることも事実です。

一方で東洋医学(漢方薬・鍼灸)は昔から存在してきた同じ医学でありながら、明治維新の際に“一度捨て去られた医学”という悲しい歴史を持ちます。当時の医師たちは資格を取るにあたり“西洋医学を修めない者は医者として認めない”という厳しいお達しを国から受けました。それは日本における医学の考え方が180度転換した激動の時代です。しかし、1970年代に入って事態は一変します。漢方薬が保険漢方として認められるという大革命が起きました。日本医師会長を長年務めた武見太郎氏が粘り強く国に働き掛け続けたことにより、保険内診療に漢方薬が認められ、最初の保険漢方が誕生しました。武見太郎氏が主治医をしていたある文豪、幸田露伴の『日本には世界に誇れる医学がある。それが漢方だ。』と言われた言葉がその原動力になっていたと言われています。そこから少しずつ漢方は一般的な薬として徐々に市民権を得て現在に至ります。

今では医学部を卒業する際に東洋医学の単位を取得しなければならない段階にまできています。ただ、その知識を実際の診療で本格的に使いこなせるまでの高い専門性を持つ人材育成にまでまだ辿り着いていないという課題があります。例えば花粉症に効くと言われる漢方薬ひとつを例に挙げても、決まった漢方薬の知識しか持ち合わせない医師は少なくありません。漢方薬はあくまで東洋医学的な哲学のもとに立脚しているものですから、西洋医学の考え方で漢方薬を処方しようとしても実際には判断が非常に難しく、医師たちの側もジレンマを抱えていることでしょう。そういった意味でも当たり前のことではありますが、診療の現場において知識が不足している領域にあえて手を出す診断を行うような医師はいないのです。必然的に「漢方の処方をする先生が少ない」と印象につながっているのでしょう。

しかし、昨今の変化目まぐるしい時代の流れにおいて“今までのやり方は本当に正しいのか”と疑問に感じるような瞬間に立ち会うことは、皆さんも経験多いことでしょう。私は今、本来あるべき東洋医学を含む伝統医学のもつオーガニック的考え方に揺り戻されている時代の節目を感じています。近年、欧米諸国は東洋医学に強い興味関心を持ち、多くの研究や実験が行われてきています。日々の私たちの診療現場でも以前は漢方薬を求める患者さんは少数派だったものの、ここ10年、20年でその状況は一変し、「漢方薬のほうが効くので処方してください」と患者さん自らおっしゃることも多くなりました。一部の花粉症や更年期障害などは西洋薬がなかなか効果を発揮できない領域であることは確かであり、全ての病気とまでは言えませんが漢方薬への期待が高まっています。

世界的に東洋医学を取り巻く環境が今大きく変わろうとしています。つい一昔前は全く知られていなかったヨガなどがここ数年において爆発的人気を博してきたように、東洋医学の「未病」と呼ばれる予防医学的な考え方やお金をかけずに自身の健康や免疫力を守りたいというセルフメディケーションの意識が一般的に浸透してきました。今まで伝統医学や漢方薬・針灸の良さに触れる機会がなかった方にこそ、ぜひ今正しい漢方の知識を持ってご自身の身体を見直していただければ幸いです。

漢方薬って苦いんでしょ?

「良薬口に苦し」と言う言葉がありますが、実は漢方薬には味のバリエーションが存在します。酸っぱい、苦い、甘い、辛い、塩辛いといった五味は症状に応じてその味が意味を持っていることがあります。例えば消化機能が落ちている人は甘い薬を使用した方が消化機能を高める効果があるのであえて甘い薬を使用したり、皮膚のかゆみがひどい場合にはあえて苦い薬を使用した方がかゆみを抑えられるため、甘い薬を避け苦い薬を処方することがあります。過食やメタボの方にもデトックス的な苦い薬を使用することが多いです。症状に応じて使う生薬が変化することにより甘みや苦みなどの味が変わっていきます。

ただ不思議なことに、最初は飲みづらくても1週間、1か月と続けることですっかり飲みやすくなったと味の変化を感じる患者さんも実際には非常に多くいらっしゃいます。これは例えば糖尿病の方はなぜ甘いものを欲するのか、コレステロールの高い方が油物を止められない理由はなぜかといった話にも通じているのですが、最近“お腹の中の菌と関係があるのでは”という研究が話題になっています。成人のお腹には約2㎏の菌がいると言われます。その菌が自分たちの生存のために必要な栄養源として要求しているのではないか、菌の影響で味覚が支配されている可能性も論じられています。漢方薬を長く飲み続けることで抵抗感がなくなったという患者さんが実際多い理由も、お腹の菌の環境が変化したことで味覚が変わったという考え方にも納得がいきます。私はこれが「内服」という文字通りの「内側に服を着る」といった「腸粘膜にバリアを張る」という意味につながることだと考えています。

漢方薬は価格が高いイメージがありますが…

医療費については切実な問題です。保険内と保険外という線引きにもなりますが、漢方において保険内で処方されているものはいわゆる粉薬です。エキス剤と呼ばれるものですが、薬の効き方は比較的弱いものです。

一方、保険外となる自由診療については保険では取り扱えない生薬なども含めて多種多様な種類があり、保険調剤の漢方薬とは全く異なります。また患者さん一人ひとりの細やかなカウンセリングや専門性高い調合などオーダーメイド的な治療を行うことから、どうしても保険内の薬と比較すれば高価に感じてしまわれる方が多いことも事実です。安い生薬もあれば高い生薬もありますし、組み合わせる生薬の数によっても金額は上下します。何でも安いに越したことはないという考えもありますが、薬の効果を存分に正しく発揮するにはある程度品質の良いものを使用しなければ良い治療にはなりません。

考え方次第ではありますが、例えば毎日コーヒーショップに通われる方であれば、そのコーヒー代程度の金額でも自由診療は受けられます。深い眠りや食欲、お通じの問題を含めて全身症状の改善や生活の質の向上など、広い意味でのご自身への投資としてご一考いただくことも良いことなのではないでしょうか。患者さんの症状やご要望に応じてさまざまな漢方薬の処方を行っておりますので、あまり敷居高く感じず、まずはお気軽にご相談いただければと思います。また、自由診療は取り扱っている医療機関でなければ行えませんが、購入については漢方薬局でも可能です。

漢方薬は長く飲まないと効果はないの?

風邪や打撲といった一時的で、症状が出て間もない段階のものであれば5日~7日という短期で服用する漢方薬もあります。逆にアレルギーや免疫系の慢性的な症状であれば、年単位で服用する場合もあり症状によって期間はさまざまに変化します。多くの場合は、3か月程度で治療効果を判断することが一般的です。

約1か月服用した状態で症状が次第に改善してきたことを実感する患者さんの中にはご自身の判断で服用を止めてしまうことがあります。しかしまたしばらくすると症状がぶり返し、慌てて再度服用するといったケースも正直よくあることだと思います。それによって西洋薬のように耐性がつくといった心配は漢方薬には基本的にはありません。西洋薬は単純系といってピンポイントに症状を切り刻んで点で攻めるような処方であり抗生剤などは中途半端に使用すると耐性がつき、薬が効きにくくなる弊害が生まれます。それに対して東洋医学は面で攻める考え方です。

いわゆる民間薬は、例えばドクダミなど、生薬を単独に用いますが、漢方薬はあえて生薬を組み合わせて用います。有名どころとして葛根湯(カッコントウ)がありますが、7種類の生薬が配合されています。ひとつの生薬には複数のたんぱく質が豊富に含まれます。漢方薬は生薬の組み合わせで処方が構成されており、西洋薬とは比較にならないほどの種類のたんぱく質が入ります。点で攻撃する西洋薬と、面で応戦する東洋医学といった根本的な戦法の違いがあるのです。漢方薬は続けて飲むことに意味があり、お腹の菌や免疫・ホルモンとも関係性が深いことからも、ある程度まとまった期間、服用していただくことで薬の正しい効果判定を出すことが重要なのです。

どんな人に漢方は向いていますか?

●西洋薬で症状が良くならず、長い期間お悩みの方
●症状が取り切れずお困りの方

はぜひ一度ご相談ください。一方で、

●肩こりや頭痛、腹痛といった日常的な問題にお悩みの方 なども

堅苦しく考える必要なく、気軽に症状をお話いただければと思います。根本的な治療を漢方薬で行うことも可能です。いわゆる「未病」と呼ばれる、状態が悪化する前に救い上げるべき症状も漢方や鍼灸がお手伝いできる範囲はとても広いのです。

変わりゆく現代の医学にみる、漢方の位置づけとは?

症状が激しく、緊急性があるような段階では、西洋薬を使用すべきです。救急医学や抗がん剤治療、抗生剤が必要な病気などの異常事態では西洋薬のピンポイントでの治療が必須です。しかし、そういった状態に遭遇する割合は、日常の医療全体で考えると少ないものです。最初の西洋薬(モルヒネ)が生み出される150年以上前の時代、西洋薬でも生薬やハーブで治療を行ってきました。何千年という歴史において西洋医学はまだ日が浅いのです。錠剤がなくとも生き延びてきた人類は、薬膳的な考え方を日常生活にしっかり取り入れた生活を実現する方のほうが健康的で長生きできるのかもしれません。

昨今の大きな時代の変化の中、東洋医学的な考え方はこれからますます注目を浴びるだけでなく、実際に人々が求めると感じています。ホットヨガやオーガニック的なものが近年もてはやされてきたようにシンプルな原点に立ち返っていくことでしょう。そういうものを求める方々のニーズに応えられるよう、このクリニックを開業しました。漢方薬を一つひとつ丁寧に選ぶということは、「自分自身を正しく見つめ直す」「より自分のことを深く知る」ということにもつながっていくはずです。

これからも患者さんの悩みに寄り添うクリニックとして―

ありがたいことに日々の診療現場で患者さんから「症状を全部丁寧に聞いてくれてありがとう」という言葉をよくいただきます。「どこにいっても相手にしてもらえなかった症状だけど、ここに来ていろいろな処方があることを知れた!」と驚きの声を持って感謝いただくこともあります。改善の可能性を感じられて、安堵した晴れやかな笑顔で帰られてゆく患者さんの姿は本当にうれしいものです。

繰り返しにはなりますが、西洋医学は哲学として目に見えないものや再現性のない症状は不得意であるため、冷えや痛み、だるさといった主観を主とする症状の治療には不向きなものです。特に日々変化する症状などは再現性が欠けてしまうため、西洋医学ではなかなか対応しづらいものです。一方の東洋医学は全身的な診療が強みです。冷え性もご本人が冷えると言えばいくら体温が高くてもそれは冷え「症」と捉えます。東洋医学は主観を大切にする治療を行いますから、ご自身の感じていることを全て素直にお伝えください。とはいえメインとなる症状がどこなのかを最終的に絞り込むことは効率良い治療を行う第一歩になります。患者さんご自身でもしっかり現状を把握し、診察にお越しになられることはとても大切なことです。

ありのままの症状や訴えに真摯に耳を傾け、症状に対して正対する治療の場を提供する私たちのクリニックは、患者さんからいただく言葉からも存在する必要性を感じています。患者さん側としても、今までこれといった解決策に辿り着けず、不快な思いをし続けられてきた方も多いことでしょう。ある種、駆け込み寺のように当院をご利用していただければ幸いです。私たちのクリニックそのものが少しでも患者さんの救いとなる存在となれるよう、これからもスタッフ一同、努力し続けたいと考えています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME